コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬塚信乃 いぬづか しの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬塚信乃 いぬづか-しの

滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」に登場する八犬士のひとり。
武蔵(むさし)大塚の郷士(ごうし)犬塚番作の子。伏姫(ふせひめ)の死の際にとびちった8個の玉のひとつ「」の霊玉をもつ。父のかたみの宝刀村雨(むらさめ)丸をめぐる争いから,ほかの七犬士と知りあい,里見家再興のためにたたかう。名は戍孝(もりたか)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

犬塚信乃の関連キーワード嵐璃寛(2代)犬田小文吾滝沢馬琴犬飼現八犬川荘介村雨丸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬塚信乃の関連情報