伏姫(読み)ふせひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「伏姫」の解説

伏姫 ふせひめ

滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」に登場する女性。
安房(あわ)領主里見義実の娘。敵将をとった愛犬八房(やつふさ)と富山洞にこもり,八房の気をうけて懐妊する。父なくして宿ったことを証明するためみずからをきって死ぬ。その傷口から仁義礼智忠信孝悌の八つのがとびちり,やがてこの玉が化して八犬士となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android