犬挾峠(読み)いぬばさりとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬挾峠
いぬばさりとうげ

鳥取県中部,倉吉市岡山県真庭市の県境にある峠。犬狭峠とも書く。標高 514m。イヌが挟まるほど狭い峠の意。岡山県側の蒜山高原 (ひるぜんこうげん) と倉吉を結ぶ街道上にあり,江戸時代には番所が置かれた。現在は国道 313号線が通じる。峠付近の渓流にはオオサンショウウオが生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android