倉吉市(読み)くらよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉吉〔市〕
くらよし

鳥取県中部,天神川と支流小鴨川流域に広がる市。大山の東麓に位置する。 1953年倉吉町,上井町と西郷村,上小鴨村,高城村,社村,北谷村,上北条村の6村が合体して市制。 1955年灘手村を編入。 2005年には関金町を編入した。中心市街地は中世以来,城下町として発展。江戸時代は鳥取藩池田氏の家老の陣屋があり,倉吉絣,千歯 (稲こきの農具) の産地として有名であった。国府,国分寺周辺は,古代,伯耆の国府および国分寺の所在地。市域には史跡の阿弥大寺古墳群,三明寺古墳,大原廃寺塔跡,伯耆国庁跡,国分寺跡がある。米作のほか,二十世紀梨,ワサビなどを産する。繊維,製材,木製品,食品加工,農機具などの中小工場が立地。南部山岳地帯からはウラン鉱が発見された。鳥取県の中部一帯を商圏とする地方商業都市で,地方行政出先機関や教育施設も多い。中南部には放射能泉として知られる関金温泉がある。大山に近い南西部は大山隠岐国立公園に属する。北東部には天然記念物の波々伎神社社叢があり,一帯は三朝東郷湖県立自然公園に属する。 JR山陰本線,国道 179号線,313号線が通る。面積 272.06km2人口 4万9044(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉吉市の関連情報