コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒜山高原 ヒルゼンコウゲン

4件 の用語解説(蒜山高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひるぜん‐こうげん〔‐カウゲン〕【蒜山高原】

岡山県北部、真庭市北部に広がる高原。標高500~600メートル。大山(だいせん)連峰の東に連なる蒜山三座(さんざ)(「上蒜山(1202メートル)・中蒜山(1122メートル)・下蒜山(1100メートル)」)南麓に位置する。ジャージー種乳牛の牧場・休暇村蒜山高原などがある。キャンプ場スキー場としてにぎわう。大山隠岐(おき)国立公園に属する。蒜山原(ばら)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひるぜんこうげん【蒜山高原】

岡山県北部,蒜山南麓の高原。蒜山原ともいわれる。かつて陸軍の演習場であったが,第2次大戦後に開墾された。酸性の黒ボク土がおおっているので作物の選択に苦労を重ねたが,岡山県が集約酪農地域に指定しジャージー種乳牛を導入してから酪農が定着した。また,みの早生ダイコンの集団的産地化にも成功した。高原西部の一角にあたる川上村三木ヶ原には県立キャンプセンター,蒜山国民休暇村があり,ここから大山南西麓の鏡ヶ成(かがみがなる)国民休暇村まで蒜山大山有料道路が通じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の蒜山高原の言及

【八束[村]】より

…人口3116(1995)。旭川上流域に位置し,村域は蒜山(ひるぜん)盆地と蒜山高原からなる。北は鳥取県に接し,犬挟(いぬばさり)峠を越えて勝山と倉吉を結ぶ国道313号線(旧,伯州街道)が通じる。…

※「蒜山高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒜山高原の関連情報