コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言回し キョウゲンマワシ

2件 の用語解説(狂言回しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうげん‐まわし〔キヤウゲンまはし〕【狂言回し】

歌舞伎劇で、筋の運びや主題の解説に終始必要な役柄。
表立たずに物事の進行をつかさどる人物。「社長交代劇の狂言回しをつとめる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうげんまわし【狂言回し】

芝居などで、筋の進行に終始かかわっている役柄。
(比喩的に)表立たずに、物事の進行係の役を務める人物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狂言回しの関連キーワード遊女歌舞伎内御簾歌舞伎狂言歌舞伎劇歌舞伎子歌舞伎芝居歌舞伎役者運び屋筆の運び歌舞伎踊

狂言回しの関連情報