終始(読み)しゅうし

精選版 日本国語大辞典「終始」の解説

しゅう‐し【終始】

〘名〙
① おわりとはじめ。起点と終点。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「四時循環して終始あり」 〔易経‐乾卦〕
② (━する) 始めから終わりまで同じであること。態度・行動・状態などを変えないで通すこと。
※杜詩続翠抄(1439頃)一二「終始するの意也。天下を靖(しづめ)万歳まで相始終事也」
③ 始めから終わりまで全部。しじゅう。副詞的にも用いる。
※史記抄(1477)四「事の終始は夫子春秋の褒貶にあらはれたほどに」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「凡初編より二編三編に至るまで、終始(ジウシ)(つばら)ならざりしもの、多くはここに至って分明なり」 〔書経‐太甲〕
④ (━する) 終わってまた始まること。循環して止まらないこと。
※菅家後集(903頃)問秋月「度春度夏只今秋 如鏡如環本是鈎 為問未曾告終始浮雲掩西流」 〔史記‐楽書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終始」の解説

しゅう‐し【終始】

[名](スル)
物事の始めと終わり。「終始けじめをつける」
同じ態度・状態・内容などが、始めから終わりまで続くこと。「自己弁護に終始する答弁」
始めから終わりまで全部。始終。多く副詞的に用いる。「論理的に終始貫く発言」「終始積極的に攻める」
[類語](2貫く徹する一貫貫徹通す押し通す押し切る徹底終始一貫首尾一貫/(3不断日頃ひごろ常日頃つねひごろ常常いつも平生へいぜい平素日常平常通常常時常住行住座臥ぎょうじゅうざが常に絶えず始終ずっと日夜夜昼絶え間ない明け暮れ明けても暮れても寝ても覚めても朝な夕な昼夜をおかず昼夜を分かたず夜を日に継ぐ引き続き綿綿縷縷続続延延長長脈脈続けざま立て続けぶっ続け連綿次次相次いでじゃんじゃんどしどしきびすを接する芋蔓式引きも切らず引っ切り無し我も我も矢継ぎ早畳み掛けるしょっちゅうのべつずるずるべったりのべつ幕無し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「終始」の解説

【終始】しゆうし

はじめと、終わり。〔大学、一章〕物に本末り、事にり。先後するを知れば、則ちし。

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android