歌舞伎劇(読み)かぶきげき

精選版 日本国語大辞典「歌舞伎劇」の解説

かぶき‐げき【歌舞伎劇】

〘名〙 日本演劇の一分野。阿国歌舞伎に始まり江戸時代に育成され、能狂言人形浄瑠璃、その他の諸芸能を集大成し、音楽劇、舞踊劇、科白劇の要素を持つ。能楽、人形浄瑠璃とともに三大国劇と呼ばれる。歌舞伎歌舞伎芝居歌舞伎狂言旧派。旧劇。
※うづまき(1910)〈上田敏〉三〇「日本歌舞伎劇の生命は、唯舞台の上、引に限られてはゐない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歌舞伎劇」の解説

かぶき‐げき【歌舞伎劇】

歌舞伎」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android