狩衣直衣(読み)カリギヌノウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

かりぎぬ‐のうし ‥なほし【狩衣直衣】

〘名〙 狩衣の裾に横幅の布(襴(らん))を付け加えたもの。上皇をはじめ、親王、大臣、大将以上が着用した。有襴(うらん)の狩衣。小直衣(このうし)。傍続(そばつぎ)
※吾妻鏡‐正嘉元年(1257)六月一日「一条侍従定氏奉行催人々。将軍家〈御狩衣直衣〉令立御」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狩衣直衣の言及

【直衣】より

…この際は長御打衣(ながのおんうちぎぬ),長御単を着て,指貫の代りに紅の御長袴をはく。小直衣は狩衣(かりぎぬ)直衣ともいい,狩衣の裾に同じ生地の襴をつけた形式のもの。狩衣より正式の服装として着用され,有襴(うらん)狩衣ともいわれた。…

※「狩衣直衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android