コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小直衣 コノウシ

デジタル大辞泉の解説

こ‐のうし〔‐なほし〕【小直衣】

上皇・親王や公卿が着用した略儀の装束。狩衣(かりぎぬ)の裾に(らん)をつけた形式のもので、狩衣よりは晴儀の所用。地質・色目・文様は狩衣と同じ。狩衣直衣。有襴(うらん)の狩衣。傍続(そばつぎ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

このうし【小直衣】

狩衣かりぎぬの裾すそに襴らんをつけた様式の親王が着用した装束。直衣よりやや小ぶりなのでいう。平安末期から用いられ、近世には公家が日常に着た。狩衣直衣。有襴うらんの狩衣。 〔上皇のものは「かんの御衣」、摂政・関白のものは「傍続そばつぎ」という〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小直衣の言及

【直衣】より

…この際は長御打衣(ながのおんうちぎぬ),長御単を着て,指貫の代りに紅の御長袴をはく。小直衣は狩衣(かりぎぬ)直衣ともいい,狩衣の裾に同じ生地の襴をつけた形式のもの。狩衣より正式の服装として着用され,有襴(うらん)狩衣ともいわれた。…

※「小直衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小直衣の関連キーワード側次・傍続天皇直衣祭服青緂側次御衣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android