独を慎む(読み)ひとりをつつしむ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひとり【独】 を 慎(つつし)

人の前だけでなく、自分ひとりでいるときも行ないを慎み、道にそむかないようにする。君子は独(ひとり)を慎む。
※山鹿語類(1665)二一「凡そ士の職と云ふは、〈略〉独りを慎んで義を専らとするにあり」 〔礼記‐中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android