コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独活の木 ウドノキ

デジタル大辞泉の解説

うど‐の‐き【独活の木】

オシロイバナ科の常緑高木。葉は大きく、楕円形雌雄異株。初夏、白い花が咲く。熱帯産で、日本では沖縄・小笠原などに自生。名は、材が柔らかで役に立たないのでいう。おおくさぼく。沖縄あおき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うどのき【独活の木】

オシロイバナ科の常緑高木。熱帯産で小笠原諸島・台湾・沖縄などにも生える。高さ10メートル 以上にもなるが材質が柔らかく用材にならないのでこの名がある。葉は線状長楕円形。雌雄異株。初夏、白い花が房状散形花序につく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独活の木の関連キーワードオシロイバナ科小笠原諸島用材

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android