小笠原(読み)オガサワラ

大辞林 第三版の解説

おがさわら【小笠原】

「小笠原諸島」の略。

おがさわら【小笠原】

姓氏の一。清和源氏流の信濃国の守護。甲斐小笠原村から起こる。代々弓馬の礼法に秀で、小笠原流をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小笠原
おがさわら

山梨県南アルプス市の中心地区。旧小笠原町。1954年(昭和29)より櫛形(くしがた)町、2003年(平成15)より南アルプス市に属す。鎌倉時代、小笠原長清(ながきよ)の所領であったため地名がおこる。1582年(天正10)3月、織田・徳川軍の進攻で焦土と化した。いまは駿信(すんしん)往還(国道52号)に沿う商店街として栄えている。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原の関連情報