小笠原(読み)おがさわら

精選版 日本国語大辞典「小笠原」の解説

おがさわら をがさはら【小笠原】

[1] 〘名〙
※足利本論語抄(16C)二「小笠原に決捨(ゆかけ)と読を秘処とす也」
② (小笠原諸島を産地とするところから) 鶯砂(うぐいすずな)をいう。
[2]
[二] 山梨県北杜市の地名。古く官営牧場があった。また「おざさはら(小笹原)」の誤りともする。小笠原の牧(まき)。穂坂の牧。
※貫之集(945頃)三「みやこまでなつけてひくはをがさはらへみのみまきの駒にやあるらむ」

おがさわら をがさはら【小笠原】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「小笠原」の解説

小笠原
おがさわら

山梨県南アルプス市の中心地区。旧小笠原町。1954年(昭和29)より櫛形町(くしがたまち)、2003年(平成15)より南アルプス市に属す。鎌倉時代、小笠原長清(ながきよ)の所領であったため地名がおこる。1582年(天正10)3月、織田・徳川軍の進攻で焦土と化した。いまは駿信(すんしん)往還(国道52号)に沿う商店街として栄えている。

[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「小笠原」の解説

おがさわら【小笠原】[地名]

小笠原諸島」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android