狭狭し(読み)セバセバシ

デジタル大辞泉の解説

せば‐せば・し【狭し】

[形シク]
非常にせまい。せまくるしい。窮屈だ。
「道―・しうて両方が険阻で」〈史記抄・孫呉伝〉
心がせまい。狭量だ。
「大キナ国ヲ治ムル者ワ―・シウシテワカナワヌ」〈天草版金句集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せばせばし【狭狭し】

( 形シク )
幅がせまくて窮屈だ。いかにもせまい。 「道-・しうて両方が険阻で難処ぢやほどに/史記抄 11
心がせまい。狭量だ。 「大キナ国ヲ治ムルモノワ、-・シュウシテワカナワヌ/天草本金句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android