コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭狭し セバセバシ

デジタル大辞泉の解説

せば‐せば・し【狭し】

[形シク]
非常にせまい。せまくるしい。窮屈だ。
「道―・しうて両方が険阻で」〈史記抄・孫呉伝〉
心がせまい。狭量だ。
「大キナ国ヲ治ムル者ワ―・シウシテワカナワヌ」〈天草版金句集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せばせばし【狭狭し】

( 形シク )
幅がせまくて窮屈だ。いかにもせまい。 「道-・しうて両方が険阻で難処ぢやほどに/史記抄 11
心がせまい。狭量だ。 「大キナ国ヲ治ムルモノワ、-・シュウシテワカナワヌ/天草本金句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android