コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭狭し(読み)セバセバシ

デジタル大辞泉の解説

せば‐せば・し【狭し】

[形シク]
非常にせまい。せまくるしい。窮屈だ。
「道―・しうて両方が険阻で」〈史記抄・孫呉伝〉
心がせまい。狭量だ。
「大キナ国ヲ治ムル者ワ―・シウシテワカナワヌ」〈天草版金句集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せばせばし【狭狭し】

( 形シク )
幅がせまくて窮屈だ。いかにもせまい。 「道-・しうて両方が険阻で難処ぢやほどに/史記抄 11
心がせまい。狭量だ。 「大キナ国ヲ治ムルモノワ、-・シュウシテワカナワヌ/天草本金句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android