コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪俣道之輔 いのまた みちのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪俣道之輔 いのまた-みちのすけ

1856*-1940 明治時代の自由民権運動家。
安政2年12月生まれ。家は相模(さがみ)南金目村(神奈川県平塚市)の豪農。明治14年湘南社の創立にくわわり,国民主権を主張した。同年神奈川県会議員,43年平塚町長。キリスト教に入信し,中郡盲人学校や中等教育学校の設立にもつくした。昭和15年11月24日死去。86歳。本姓は森。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

猪俣道之輔の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android