コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪農 ごうのう

6件 の用語解説(豪農の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豪農
ごうのう

江戸末期から明治維新期の農民諸階層の一つ。比較的大規模な土地を所有し,その大部分を小作に出している地主であるが,残りは手作りし,同時に手工業や商業を兼業した。村役人を兼ねるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごう‐のう〔ガウ‐〕【豪農】

多くの土地・財産を持ち、その地方で勢力のある農家。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豪農【ごうのう】

18世紀半ば以降農村における小商品生産の展開にともなって成長した村方地主をいう。幕藩領主と結んで殖産興業政策の先兵となり,都市商人と結んで商品集荷機構の末端機能を果たした。
→関連項目田沼時代武州一揆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごうのう【豪農】

18世紀半ば以降,小商品生産の展開に伴って成長していった村方地主をいう。経済的には作徳地主として小作人から小作料をとり,買占め商人として前貸しによって小生産者の生産した商品を手に入れ,みずからも生産者として年季奉公人を使役しながら,穀作とともに商品生産を行っているという,三つの性格をもっている。社会的には,村落共同体の代表者として共同体的規制関係の頂点にあるとともに,村役人として農民支配の末端機構に組み込まれて階級的強制関係の先端に位置づけられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごうのう【豪農】

財力や勢力のある農家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豪農
ごうのう

江戸末期から明治前期にかけて存在した上層農民。多くの田畑山林を所有し、貸付地主としての側面をもつとともに、地主手作り経営を行い、あるいは農村小工業の経営に従事し、さらに村役人や区戸長などを務めるなど、地域社会の動向に重要な関連を維持していた。豪農の土地所有の経過は多様であるが、とくに江戸時代の中期以降、商品貨幣経済の進展を背景に、農民の階層分化が進行し、豪農とよばれる上層農民が増加することとなった。幕末から明治前期にかけて、雇用労働力に依存する、5~6町歩から10町歩程度の規模をもつ豪農経営が全国各地に存在した。豪農の勧業型地主としての側面を示すものであり、新種苗や新式農具の導入に熱意をもち、養蚕・製糸などの事業に進出する者も多かった。徳富蘇峰(とくとみそほう)・蘆花(ろか)兄弟の生家、熊本県の徳富家など、この時期における勧業型地主・豪農の典型であった。豪農は明治10年代に高揚をみた自由民権運動においても、「豪農民権」の呼称に示されるように、運動に関係する者が多く、群馬県の武藤幸逸(こういつ)、福井県の杉田定一、奈良県の土倉庄三郎(どくらしょうざぶろう)などがその例であった。
 彼らは地主として農業生産にかかわり、製糸業や織物業など地方的工業に関連をもつとともに、地方の民生についても豊富な経験と抱負とをもつ人々であった。地租をはじめとする諸税の動向に強い関心を寄せ、国政について彼らの主張を反映させる場として、民会や国会の開設を要求する者が多かった。民権運動を通じて藩閥政府を批判し、地方自治の確立を要求する姿勢がみいだされる。しかし明治後期より地主的土地所有制度が確立され、豪農の生産力的性格は急速に後退するに至った。土地を集積して小作に付するという有利な状況が一般化され、豪農層は生産過程から遊離し、単なる地代取得者としての性格を深化せしめていくこととなった。[伝田 功]
『伝田功著『豪農』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豪農の言及

【在郷商人】より

…質地として土地を集め,寄生地主に成長するものもあった。こうした点で在郷商人は豪農であり,在郷商人というときは豪農の商人的側面を見たものであった。解体期の幕藩権力は,在郷商人が持つ地方を支配する力を認めて,彼らを支配の末端組織にとり入れた。…

【百姓】より

…このように,村役人が村役人としての機能と結びついて,手作規模を越える質地の集積を行い,商業的・金融的機能を営みつつ,手作経営を営む。このような質地地主を,豪農と呼ぶのである。 各地に地域的発達の差を内包する近世農業の中で,先進地農業の動向を大坂周辺農村で代表させることができる。…

【文政改革】より

…1827年(文政10)から29年にかけて,関東の農村を対象として実施された支配強化のための改革。19世紀前半の文化・文政期(1804‐30)の関東の農村は小農経営が解体し,高利貸資本としての豪農経営が展開する一方,土地を失い没落する農民が多数発生し,彼らが無宿人や渡世人として横行するようになった。このような遊民層の取締りを任務として設置されたのが1805年の関東取締出役であり,さらに,この取締り支配の方向を徹底させるために行われたのが文政改革である。…

※「豪農」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豪農の関連キーワードブリトン人ベンチャロンカレル広場商品生産アウ山トレンチーン城リュブリャーナ城イモギリ陵墓義烏ハザル族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豪農の関連情報