コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献上菓子 ケンジョウガシ

デジタル大辞泉の解説

けんじょう‐がし〔ケンジヤウグワシ〕【献上菓子】

主君や貴人など身分の高い人に差し上げる菓子。
室町時代、白砂糖を用いて作った上等な菓子。白砂糖の使用は身分の高い者だけに限られていたため、一般の雑菓子(ぞうがし)に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじょうがし【献上菓子】

〔白砂糖は貴人用であったことから〕
白砂糖を用いた菓子。上菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

献上菓子の関連キーワード常陸風土記鹿島立最中室町時代時雨の松千鳥羹貴人主君薄氷雲平

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android