コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿女公 さるめのきみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿女公
さるめのきみ

巫女 (みこ) の一種。神祇官に仕え,大嘗祭,鎮守祭などに神楽の舞を奉仕した。天孫降臨の際,天之八衢 (あめのやちまた) でサルタヒコノカミをやわらげたアメノウズメノミコトの子孫と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

猿女公の関連キーワード猿女氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android