獅子の歯噛み(読み)ししのはがみ

精選版 日本国語大辞典 「獅子の歯噛み」の意味・読み・例文・類語

しし【獅子】 の 歯噛(はが)

獅子がおそろしい様子をして怒るさま。転じて、たけり怒るありさまのたとえ。
太平記(14C後)六「一人も残さず首を刎て被懸けり。是を聞(きき)てぞ、吉野・金剛山に籠りたる兵(つわもの)共も、彌(いよいよ)獅子(シシ)の歯嚼(ハガミ)をして、降人に出んと思ふ者は無りけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「獅子の歯噛み」の意味・読み・例文・類語

獅子しし歯噛はが

獅子が恐ろしい形相で怒ること。ひどく怒ることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android