コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川通り タマガワドオリ

デジタル大辞泉の解説

たまがわ‐どおり〔たまがはどほり〕【玉川通り】

国道246号線の、東京都渋谷区桜丘町と世田谷区玉川の間における呼び名。三軒茶屋・用賀を抜けて多摩川に至る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玉川通りの言及

【世田谷】より

…近世には彦根藩井伊氏が領有し,代官大場氏が支配したが,上町に代官屋敷が残っている。街道も整備され,三軒茶屋から二子の渡しを経て大山へ向かう矢倉沢往還(現,玉川通り),三軒茶屋で分かれて登戸を経る津久井往還(現,世田谷通り)が通じた。世田谷の新宿には楽市(六斎市)が開かれた。…

※「玉川通り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉川通りの関連キーワード東京都渋谷区桜丘町バス専用レーン世田谷(区)京浜道路大山街道世田谷駒沢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉川通りの関連情報