コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川通り タマガワドオリ

デジタル大辞泉の解説

たまがわ‐どおり〔たまがはどほり〕【玉川通り】

国道246号線の、東京都渋谷区桜丘町と世田谷区玉川の間における呼び名。三軒茶屋・用賀を抜けて多摩川に至る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉川通りの言及

【世田谷】より

…近世には彦根藩井伊氏が領有し,代官大場氏が支配したが,上町に代官屋敷が残っている。街道も整備され,三軒茶屋から二子の渡しを経て大山へ向かう矢倉沢往還(現,玉川通り),三軒茶屋で分かれて登戸を経る津久井往還(現,世田谷通り)が通じた。世田谷の新宿には楽市(六斎市)が開かれた。…

※「玉川通り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉川通りの関連キーワード詐欺罪2E川本成事後設立厚木市詐欺IHIの巨額損失ティア八ツ場ダムの6都県の負担金靖国神社

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉川通りの関連情報