コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩川 たまがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多摩川
たまがわ

東京都を北西から南東に貫流し,下流部では神奈川県との境界をなす川。全長 138km。秩父山地に源を発し,東京湾に注ぐ。河口付近は六郷川と呼ばれる。上流部は支流の日原川や秋川とともに峡谷をなし,奥多摩の山岳美,渓谷美,森林美に富む景勝地で,秩父多摩甲斐国立公園,4ヵ所の都立自然公園 (羽村草花丘陵,秋川丘陵滝山多摩丘陵) に指定されている。東京都の重要な上水道水源でもあり,奥多摩湖狭山湖多摩湖,玉川上水などに導水される。中下流部流域には果樹園や住宅地があり,河川敷は公園,運動場などに利用されている。河口の三角州羽田州といわれ,京浜工業地帯の一部を形成,埋立て地には東京国際空港 (羽田空港) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐がわ〔‐がは〕【多摩川/玉川】

関東南部を流れる川。秩父山地笠取山に源を発し、東京都に入り、下流で神奈川県との境を流れて東京湾に注ぐ。河口付近を六郷(ろくごう)川ともいう。長さ138キロ。東京の上水道の水源古称、調布(たつくり)の玉川。
(多摩川)中塚一碧楼の第4句集。昭和3年(1928)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

多摩川【たまがわ】

秩父山地に発し東京湾に注ぐ川。長さ138km。上流は大水源林を流れ,奥多摩湖を経て日原(にっぱら)川を合わせる。青梅(おうめ)市から広大な段丘を形成し東京都中部を流れ,下流は東京都と神奈川県の境をなす。
→関連項目あきる野[市]奥多摩奥多摩[町]関東平野雲取山大菩薩峠玉川上水多摩湖東京[都]中原道日原日の出[町]船木田荘武蔵野六郷渡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまがわ【多摩川】

山梨県北東部,笠取山に源を発し,東京湾に注ぐ川。上流は丹波(たば)川と呼ばれ,南東流して小菅川と合流,奥多摩湖に流入して多摩川となる。湖の下流で日原(につぱら)川,秋川,浅川などを合流して東京都と神奈川県の境界を流れ,羽田空港南側で東京湾に注ぐ。下流は六郷(ろくごう)川とも呼ばれる。幹川流路延長138km。全流域面積は1240km2で68%は山地である。上流の水源地は標高1500~2000mの山地で,谷口の青梅(おうめ)までは急こう配をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(東京都・神奈川県)〕多摩川(たまがわ)


山梨県東部から東京都西部、東京・神奈川の都県境を流れる川。1級河川(多摩川水系)。延長138km。流域面積1240km2。河川法上は上流の山梨県北東部から奥多摩(おくたま)湖に注ぐ丹波(たば)川を含む。河口部は六郷(ろくごう)川とも。丹波川の源流は山梨県甲州市北部の柳沢(やなぎさわ)峠付近で落合(おちあい)柳沢川から丹波川と名を変え東流して奥多摩湖に注ぐ。同湖から流出して日原(にっぱら)川を合わせ、多摩川となり東流、武蔵野台地を刻み、河岸に広い氾濫(はんらん)原をつくって南東流して東京湾に注ぐ。江戸時代初期に開削された玉川上水は飲料水に使用され、現在も小河内(おごうち)ダムの奥多摩湖は東京都の重要な上水道源。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多摩川
たまがわ

関東平野の南部を流れる川。一級河川。山梨県北東部の関東山地の笠取(かさとり)山(山梨・埼玉県境)に源を発して東流し(丹波(たば)川ともよばれる)、東京都に入り日原(にっぱら)川、秋(あき)川、浅川、大栗(おおくり)川などの支流を集めて東京湾へ注ぐ。延長138キロメートル、流域面積1240平方キロメートル。中流の溝口(みぞのくち)付近までは網状流をなして扇状地河川、以下は単流で大きく蛇行し三角州河川の典型をなしている。江戸初期に幕府の代官小泉次太夫(じだゆう)が右岸に二ヶ領(にかりょう)用水、左岸に六郷(ろくごう)用水の開削を命ぜられ、その水利によって河口の三角州に水田が開かれた。秋の増水時にはしばしば氾濫(はんらん)し、東海道の六郷橋は1688年(元禄1)の流失後は架橋されなかった。多摩川はまた人や物資の交通・輸送によく使われていた。東海道をはじめいくつもの脇(わき)往還には登戸(のぼりと)、二子(ふたご)、矢野口、丸子、六郷、羽田(はねだ)などの渡しが設けられていた。中・下流では舟運が通じ、奥多摩産のスギ・ヒノキの良材が筏(いかだ)で川下げされて江戸へ送られ、登戸は筏下げの中継地で筏宿が設けられていた。また、多摩川のアユは古くから風味のよさで知られ、江戸時代の「御用鮎(あゆ)」の一つにあげられ、当時から遊漁でも知られていた。江戸初期(1654)に中流の羽村(はむら)から玉川上水が江戸の市街地へ引かれ、多摩川の水は江戸町民の飲料に供されることとなり、また上水沿いの村々にも引かれて武蔵野(むさしの)新田起立のきっかけをもなした。下流部のかつての蛇行部は、大正末期に改修工事が完成して直線に近い流路となり、堤内低地には多くの運動場、またゴルフ場も設けられている。
 奥多摩はいまも渓流と山地、森林の自然美に富み、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園の一部をなし、森林は多摩川の水源涵養(かんよう)林として東京都有地とされ保護されている。1957年(昭和32)には小河内(おごうち)ダムが完成して東京都民の用水源とされ、貯水池の奥多摩湖には観光施設が整えられ、レクリエーション地域となっている。
 中流部、下流部の沿岸は、東京都、神奈川県ともに住宅地、また工業用地となり、ほとんど都市化されている。国道15号の六郷橋から下流は六郷川ともよばれ、南岸は明治末期から大正時代にかけては河港に使われ、それを利用して食料品や電気機器の工場も立地した。現在河口北岸の羽田には東京国際空港が設けられ、南岸の広大な埋立地には大規模な石油化学、鉄鋼などの臨海性工場が立地し、京浜工業地帯の核心地域となっている。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多摩川の言及

【武蔵国】より

…初めは无邪志(むざし),胸刺(むなさし∥むさし),知々夫(ちちぶ)の3国に分かれていた。5世紀の武蔵には,その南部の多摩川下流域に全長100m前後の大古墳がいくつかつくられたように,政治上の中心は南部にあった。埼玉県にあたる北部には,そのころ100m未満の中小古墳がつくられ,南北の間の広大な洪積台地には強大な政治勢力がいなかった。…

【六郷渡】より

…江戸時代,東海道川崎宿(現,神奈川県川崎市)と八幡塚村(現,東京都大田区)を結んだ渡し。1688年(元禄1)多摩川の下流六郷川の木橋が洪水で流失したのち渡船(とせん)となる。当初は江戸町人や八幡塚村が請け負ったが,1709年(宝永6)より宿本陣,名主,問屋兼帯の田中丘隅(休愚)(きゆうぐ)の上申が認められ,川崎宿の永代渡船請負権が許可された。…

※「多摩川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多摩川の関連キーワード東京都西多摩郡奥多摩町日原世田谷区たまがわ花火大会東京都狛江市元和泉東京都府中市是政東京都稲城市秋川〈市〉檜原・桧原小河内ダム府中[市]武蔵野台地稲城[市]ウェイキー狛江[市]横山 理子青梅[市]秋川渓谷分倍河原あきる野玉川通り五反田節

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多摩川の関連情報