コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事後設立 じごせつりつ

大辞林 第三版の解説

じごせつりつ【事後設立】

会社の営業に使用する財産として会社設立前から予定していたものを会社設立後に会社が譲り受ける契約をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じごせつりつ【事後設立】

会社の成立前から存在する財産で会社の営業のために継続して使用する予定のものを,会社成立後会社が譲り受ける契約をすること。この契約は会社成立後2年内で,その財産が資本の20分の1以上に当たる対価で取得する契約をなす場合には,株主総会または社員総会の特別決議を必要とする(商法246条,有限会社法40条3項)。なお財産引受け,事後成立と同様に少額の場合の調査免除の規定の適用がある(商法246条3項)。【岸田 雅雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事後設立
じごせつりつ

会社が、その成立後2年以内に、成立前から存在する財産で事業のために継続して使用すべきものを、純資産額の20%を超える対価で取得する契約をすること。たとえば、商業施設の開発を行うA社とB社が発起設立によりスポーツ施設の開発を行うC社を設立し、会社成立後2年以内に、A社とC社の間で、A社が所有する土地をC社の純資産額の20%を超える対価をもって取得する契約を締結するような場合である。財産が過大評価されて財産の実際の価値よりも高い価格を支払うことになると、会社設立の当初から会社の財産的基礎が害されてしまう。また、現物出資や財産引受けの厳格な規制を潜脱する方法として、会社の成立後に特定の財産の譲渡契約が締結されることを防止するため、事後設立を行うには、株主総会の特別決議を要するものとした(会社法467条1項5号、309条2項11号)。[戸田修三・福原紀彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事後設立の関連キーワードケイマン(Cayman)税制適格企業再編適格組織再編成事業分離会計組織再編成株式会社事業譲渡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android