玉川 勝太郎(1代目)(読み)タマガワ カツタロウ

20世紀日本人名事典の解説

玉川 勝太郎(1代目)
タマガワ カツタロウ

明治・大正期の浪曲師



生年
明治14(1881)年3月10日

没年
大正15(1926)年6月24日

出生地
東京・本所

本名
鈴木 謙治郎

別名
前名=青木 勝太郎

経歴
16歳で青木昇の門に入り、青木勝太郎を名のる。21歳の時、亭号を玉川と改名。切れのよいせりふと情緒ある節調で人気を集め、「清水次郎長伝」など俠客物を得意とした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android