コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝太郎 かつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝太郎 かつたろう

1904-1974 昭和時代の歌手。
明治37年11月6日生まれ。日本橋葭(よし)町の芸妓清元(きよもと)できたえた美声がみとめられ,昭和6年日本ビクターにはいる。8年「島の娘」が大ヒット。ほかに「東京音頭」「勝太郎子守唄」などで知られる。のち家元として小唄勝太郎を名のった。昭和49年6月21日死去。69歳。新潟県出身。本名は真野かつ。旧姓は佐藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝太郎
かつたろう
(1904―1974)

歌手。新潟市生まれ。本名真野(旧姓佐藤)かつ。早く母に死別し、地元の花街を経て上京、日本橋葭町(よしちょう)で清元(きよもと)で鍛えた美声を披露しているうちに、1930年(昭和5)ラジオ放送で歌った『佐渡おけさ』で認められ、日本調歌謡曲の「うぐいす芸者」として売り出す。32年日本ビクターに入社、同年末(1933年1月新譜として)発売した『島の娘』(長田幹彦(みきひこ)作詞、佐々木俊一作曲)が大ヒットし、同じ日本調の市丸とともに歌謡曲史に一時代をつくった。ほかに『東京音頭』『勝太郎子守唄』などヒット曲も多い。のち妓籍(ぎせき)を離れ、小唄不二(こうたふじ)派の家元として小唄勝太郎を名のった。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勝太郎の関連キーワード玉川 勝太郎(1代目)玉川 勝太郎(3代目)一龍斎 貞山(4代目)杵屋 勝太郎(5代目)野沢 勝太郎(2代目)玉川 勝太郎(2代目)杵屋 勝太郎(4代目)双龍斎 貞鏡(4代目)古今亭志ん生(4世)玉川 勝太郎(初代)坂田残土埋め立て事業玉川 次郎(2代目)坂東 秀調(3代目)一竜斎貞山(4代)杵屋勝三郎(7世)杵屋勝五郎(6世)杵屋勝太郎(4世)杵屋勝太郎(4代)玉川勝太郎(2代)杵屋和吉(5代)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝太郎の関連情報