コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王清任 おうせいじんWáng Qīng rén

世界大百科事典 第2版の解説

おうせいじん【王清任 Wáng Qīng rén】

1768‐1831
中国の清時代のすぐれた医家。字は勛臣(くんしん),玉田(河北省)の人。臨床面でも多くの貢献があったが,むしろ解剖ないし生理学説によって知られている。かれはしばしば刑場に赴いて死体の臓器を観察し,1830年(道光10)に《医林改錯》2巻を著して,心包絡とか命門説など,従来の臓腑説に誤りのあることを指摘し,新しい説を提出した。それは現在からみるとまだ誤りがあるが,中国医学史上の一つの進歩であることは確かである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

王清任の関連キーワードブルース(James Bruce)ブラジル史斑糲岩クチュクカイナルジ条約グラフトン(公)バール連盟露土戦争アークライトエカチェリーナ(2世)西尾忠善