コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王清任 おうせいじん Wáng Qīng rén

1件 の用語解説(王清任の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうせいじん【王清任 Wáng Qīng rén】

1768‐1831
中国の清時代のすぐれた医家。字は勛臣(くんしん),玉田(河北省)の人。臨床面でも多くの貢献があったが,むしろ解剖ないし生理学説によって知られている。かれはしばしば刑場に赴いて死体の臓器を観察し,1830年(道光10)に《医林改錯》2巻を著して,心包絡とか命門説など,従来の臓腑説に誤りのあることを指摘し,新しい説を提出した。それは現在からみるとまだ誤りがあるが,中国医学史上の一つの進歩であることは確かである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王清任の関連キーワード圧巻驥足三傑七等蘇張唐詩能吏妙境優れ物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone