コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王融 オウユウ

大辞林 第三版の解説

おうゆう【王融】

467~493) 中国、南北朝時代の南斉の文人。字あざなは元長。詩文に長じ、武帝の命をうけて「曲水詩序」を作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の王融の言及

【回文詩】より

…初めから順に読んでも詩になり,末から逆に読んでもまた別の詩になる形にしたてたものを普通にはいう。斉(479‐502)の王融の〈春遊廻文詩〉(五言八句),〈後園作廻文詩〉(五言四句)が有名。《本朝文粋》巻一には橘在列の〈廻文詩〉(五言八句)が載せられているが,日本人も時にこうした漢詩を工夫するところがあった。…

※「王融」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

王融の関連キーワード南北朝時代竟陵八友永明文学回文詩詩文沈約

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王融の関連情報