コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南斉 なんせいNan-qi; Nan-Ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南斉
なんせい
Nan-qi; Nan-Ch`i

中国,南朝の一つ (479~502) 。国号であるが,北斉と区別してこの名で呼ばれる。建元1 (479) 年宋の将軍蕭道成 (→太祖) が宋の順帝より受禅して建てた。同4年その子武帝即位。戸籍の検定,税制の整備などが行われた。しかし,武帝およびのちの明帝寒人を重んじ,顕官を退ける施策を講じたため貴族の支持を失い,また 24年間に7代も皇帝が代って皇族の殺戮が悲惨をきわめたため,国情は動揺を繰返していた。永元2 (500) 年武将蕭衍 (→武帝) がこの機に乗じ挙兵,天監1 (502) 年受禅の形で即位,南斉は滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なん‐せい【南斉】

中国の国名。南北朝時代南朝の第2王朝。479年、蕭道成(しょうどうせい)がの順帝の禅譲を得て建国。都は建康。502年、蕭衍(しょうえん)(武帝)に滅ぼされた。斉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんせい【南斉】

中国、南北朝時代の南朝の一(479~502)。宋の蕭道成しようどうせいが順帝の禅譲を得て建国。都は建康(今の南京)。七代で蕭衍しようえん(梁の武帝)に国を奪われた。斉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の南斉の言及

【斉】より

…479‐502年。北朝の斉を北斉と呼ぶのに対して南斉と呼ぶ。晋陵武進(江蘇省常州)に僑置された南蘭陵蘭陵の人,蕭道成(しようどうせい)(高帝)が創業。…

※「南斉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南斉の関連キーワード三十六計逃げるに如かず武帝(中国、南斉)武帝[南朝梁]二十二史考異二十二史箚記棲霞寺石窟慕田峪長城太祖[斉]骨法用筆古画品録南朝陵墓景陽の鐘二十四史二十一史気韻生動棲霞寺百喩経祖沖之蕭子良十七史

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南斉の関連情報