玩弄物(読み)がんろうぶつ

精選版 日本国語大辞典「玩弄物」の解説

がんろう‐ぶつ グヮンロウ‥【玩弄物】

〘名〙
① 子どもなどがおもちゃにして遊び楽しむ物。玩具。玩弄品。
※西京繁昌記(1877)〈増山守正〉初「子供遊びの戯ふれの玩弄物が何故か滅多無性に流行し」
② 慰みものとして意のままにもてあそぶもの、または人。玩弄品。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「俳優も〈略〉中々婦人の玩弄物になる様なものではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「玩弄物」の解説

がんろう‐ぶつ〔グワンロウ‐〕【玩弄物】

おもちゃ。玩具。
なぶりものにされる、または人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android