増山守正(読み)ますやま もりまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増山守正 ますやま-もりまさ

1827-1901 幕末-明治時代の医師,官吏。
文政10年生まれ。儒学医学をまなび,郷里の丹後(京都府)で開業,のち丹波綾部(あやべ)(京都府)藩医となる。維新後は帝室博物館などにつとめ,「東京名勝画詞」などの著作をのこした。明治34年9月死去。75歳。名は復。号は静香園丹蓉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android