コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪長斑岩 けいちょうはんがんfelsophyre

岩石学辞典の解説

珪長斑岩

珪長質または潜晶質の石基をもつ玢(ひん)岩および石英玢岩の総称.フォーゲルザング珪長質の斑状岩で個々に区別できない石基をもつ岩石としたが[Vogelsang : 1867],ローゼンブッシュは,流紋岩や石英斑岩などの酸性火山岩類に限定した[Rosenbusch : 1877].ハーカーはこの岩石を半深成岩として用いた[Harker : 1923].ナウマンが命名したフェルサイト斑岩(felsiteporphyry)は同じ岩石である[Naumann : 1850].ドイツ語でfelsはrock,phyreはporphyriticの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

珪長斑岩の関連キーワードフェルソフィライトアファニフィリック石英縁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android