コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現住建造物等放火罪 ゲンジュウケンゾウブツトウホウカザイ

デジタル大辞泉の解説

げんじゅうけんぞうぶつとうほうか‐ざい〔ゲンヂユウケンザウブツトウハウクワ‐〕【現住建造物等放火罪】

人が住んでいる住居や、人がいる建物・列車・船・鉱坑などに放火する罪。刑法第108条が禁じ、死刑または無期、もしくは5年以上の懲役に処せられる。現住建造物放火罪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

現住建造物等放火罪の関連キーワード建造物等以外放火罪放火罪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現住建造物等放火罪の関連情報