コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球泉洞 キュウセンドウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせん‐どう〔キウセン‐〕【球泉洞】

熊本県南西部、球磨(くま)川中流の東岸にある鍾乳洞。球磨郡球磨村に位置する。全長4.8キロメートルで、九州でも最大規模のもの。昭和48年(1973)3月に発見された。3億年前、海底だった石灰岩層が隆起してできたと推測されている。フローストーン・リムストーン・カーテンなどの美しい造形が見られ、球磨川下りとともに観光の拠点。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕球泉洞(きゅうせんどう)


熊本県南部、球磨(くま)川中流東岸に開口する鍾乳洞(しょうにゅうどう)。総延長約4.8kmは九州本島では最大規模。鍾乳石石柱・カーテンなどが林立して奇観を呈する。国道219号や球磨川下りの発着場からトンネル・リフトが通じ、県内有数の観光地に発展している。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の球泉洞の言及

【球磨[村]】より

…主産業は農林業で,米のほか栗,タバコ,ナシの栽培が行われ,杉,ヒノキの良材を産する。九州最大の鍾乳洞といわれる球泉洞や森林館,急流〈槍倒しの瀬〉などの名所があり,大坂間は球磨川下りの遊覧船の下船場になっている。人吉・球磨の観光中心地の一つ。…

※「球泉洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

球泉洞の関連キーワードエジソンミュージアム 森林館熊本県球磨郡球磨村大瀬球磨(村)球磨[村]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

球泉洞の関連情報