コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞山磨崖三尊仏 ずいさんまがいさんぞんぶつSǒsan Maae-samjon-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑞山磨崖三尊仏
ずいさんまがいさんぞんぶつ
Sǒsan Maae-samjon-bul

韓国,忠清南道瑞山郡竜賢里で 1958年に発見された百済時代7世紀前半の磨崖仏。東に面した巨岩に釈迦如来立像 (全高 2.8m) を中尊に,向って左に宝珠を持つ菩薩立像,右に弥勒菩薩半跏像を配する三尊仏。豊満な顔,杏仁形の目と仰月形の口唇微笑をたたえており,そのアルカイック・スマイルは「百済スマイル」とも呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

瑞山磨崖三尊仏の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android