コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞山磨崖三尊仏 ずいさんまがいさんぞんぶつSǒsan Maae-samjon-bul

1件 の用語解説(瑞山磨崖三尊仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑞山磨崖三尊仏
ずいさんまがいさんぞんぶつ
Sǒsan Maae-samjon-bul

韓国,忠清南道瑞山郡竜賢里で 1958年に発見された百済時代7世紀前半の磨崖仏。東に面した巨岩に釈迦如来立像 (全高 2.8m) を中尊に,向って左に宝珠を持つ菩薩立像,右に弥勒菩薩半跏像を配する三尊仏。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

瑞山磨崖三尊仏の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone