コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞牙 ずいが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞牙 ずいが

?-? 江戸時代中期の陶工。
伊勢(いせ)(三重県)安東(あんとう)焼の祖。万古(ばんこ)焼の祖沼波弄山(ぬなみ-ろうざん)の弟,あるいは弟子という。安永-天明(1772-89)のころ津藩主藤堂家にまねかれ,津近郊の安東村に窯をひらいた。銘には浪々瑞牙とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瑞牙の関連キーワード陶工

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android