環境保全法[アメリカ合衆国](読み)かんきょうほぜんほう[アメリカがっしゅうこく](英語表記)National Environmental Policy Act of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境保全法[アメリカ合衆国]
かんきょうほぜんほう[アメリカがっしゅうこく]
National Environmental Policy Act of

1969 アメリカで 1969年に成立した,連邦政府の環境保全政策に関する法律。連邦資金の事業については事前に環境破壊効果の分析が行われることになった。次いで連邦議会は 70年に水質改善法,空気汚染防止法,資源再生法を制定,71年環境保全庁を設置するなど,環境保全政策を前進させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android