コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境決定論(読み)かんきょうけっていろん(英語表記)environmental determinism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境決定論
かんきょうけっていろん
environmental determinism

自然環境が人間の生活や活動を決定すると考える環境論の一つの立場で,環境可能論に対する。近代人文地理学の祖で,環境の役割を重視する F.ラッツェルの立場を,フランスの社会経済史家 L.フェーブルが名づけた。しかし,ラッツェルは決定論というほど強い立場でなく,この論の積極的な支持者は,アメリカの地理学者 E.センプルである。彼女は人間を地球の子とみなし,複雑な社会,経済,政治現象を自然的諸条件から説明しようと試みた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android