コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境論 かんきょうろんenvironmentalism

翻訳|environmentalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境論
かんきょうろん
environmentalism

人間と環境 (おもに自然環境) との関係についての理論で,一般地理学の方法論の一つ。古代ギリシアのヒポクラテスに始り,ルネサンス以降,K.リッターおよび F.ラッツェルなどにより近代的理論が完成。人間の生活や活動に対する自然環境の影響を強調するラッツェル系統の環境決定論の立場,自然に対する人間の働きかけを重視する環境可能論の立場,人間と自然が相互作用を行うと考えるドイツ経済地理学派の相互作用論の立場,人間と自然の中間項として労働過程をおく唯物論の立場などがある。しかし,狭義には環境決定論をいう。 (→環境可能論 , 環境決定論 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

環境論の関連キーワードワトソン(John Broadus Watson)アダムズ(Robert Adams)ビダル・ド・ラ・ブラーシュルネ・ジュール デュボスオットー シュリュータースタン イェールカール サウアープルドーベイ油田マルカスター大気混濁度政治地理学田尻 宗昭ミズラック遺伝と環境人文地理学疾病地理学地人相関論見田宗介学校環境農耕文化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境論の関連情報