コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境調査制度 かんきょうちょうさせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境調査制度
かんきょうちょうさせいど

工業用地や宅地の開発の際に周辺住民の意見を聞いたり環境影響調査を行うなどの環境アセスメント調査は今日一般的なものとなっているが,ほとんどは計画が最終的な段階に入ってから行われるため,事実上は名目的なものになっている。そこで川崎市は 1991年,計画立案の時点で各種の影響調査を行うことを義務づける環境調査制度を盛込んだ環境基本条例を制定,93年から実施された。これにより,開発計画の変更を実際に求めることが可能になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android