コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生寅 うりゅう はじめ

2件 の用語解説(瓜生寅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生寅 うりゅう-はじめ

1842-1913 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)13年1月15日生まれ。瓜生震の兄。幕府の英語学校教授となる。のち大阪理学校長,初代神戸税関長,鉄道助などをつとめた。のち下関に船積代理店の瓜生商会をつくり,馬関商業会議所副会頭となった。大正2年2月23日死去。72歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。旧姓は多部。著作に「商業博物誌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

瓜生寅

没年:大正2.2.23(1913)
生年:天保13.1.15(1842.2.24)
明治時代の官僚,実業家。福井藩士の子。漢学,洋学を修め,維新後,大学大助教を始め,文部,大蔵,工部の各省に出仕した。明治12(1879)年依願免官ののち実業界に転じ,外国船船積代理店瓜生商会を設立し,下関商業会議所副会頭ともなった。<著作>『交通起源』

(小林和幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓜生寅の関連キーワード甲斐九郎鎌田景弼黒田綱彦酒井明鈴木大亮関新平時任為基得能通昌松浦栄山田為暄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone