コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生寅 うりゅう はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生寅 うりゅう-はじめ

1842-1913 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)13年1月15日生まれ。瓜生震の兄。幕府の英語学校教授となる。のち大阪理学校長,初代神戸税関長,鉄道助などをつとめた。のち下関に船積代理店の瓜生商会をつくり,馬関商業会議所副会頭となった。大正2年2月23日死去。72歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。旧姓は多部。著作に「商業博物誌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

瓜生寅

没年:大正2.2.23(1913)
生年:天保13.1.15(1842.2.24)
明治時代の官僚,実業家。福井藩士の子。漢学,洋学を修め,維新後,大学大助教を始め,文部,大蔵,工部の各省に出仕した。明治12(1879)年依願免官ののち実業界に転じ,外国船船積代理店瓜生商会を設立し,下関商業会議所副会頭ともなった。<著作>『交通起源』

(小林和幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

瓜生寅の関連キーワード芳川顕正

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android