コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚も イタモ

デジタル大辞泉の解説

いた‐も【甚も】

[副]《形容詞「いたし」の語幹+係助詞「も」から。上代語》はなはだしくも。
「君に恋ひ―すべなみ奈良山の小松が下(もと)に立ち嘆くかも」〈・五九三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたも【甚も】

〔「いた」は形容詞「いたし」の語幹。「も」は係助詞〕
はなはだしくも。 「吾が思ふ心-すべなし/万葉集 3785

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甚もの関連キーワード奈良山万葉集係助詞

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android