生保内(おぼない)節

大辞林 第三版の解説

おぼないぶし【生保内節】

秋田県仙北せんぼく市田沢湖生保内の民謡で、酒盛り唄。源流は不明だが、豊作祈願の唄か。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼない‐ぶし【生保内節】

〘名〙 秋田県生保内地方の民謡。秋の豊年を喜ぶ唄で、今では三味線や踊りがついている。詞型は七七七五、本調子の曲。元唄は「吹けや生保内東風(おぼねだし)七日も八日も、吹けば宝風、ノウ稲みのる」の歌詞を持つ。おぼねだし。おぼね節。ノーコラ節。生保内甚句。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android