生成関数(読み)せいせいかんすう(英語表記)formation function

日本大百科全書(ニッポニカ)「生成関数」の解説

生成関数
せいせいかんすう
formation function

溶液中における錯体の安定度を示すもので、錯体の解離定数逆数をいう。配位子Aが金属イオンMと結合して錯体を形成する場合、MとAとの間に平衡が成立するとする。これらの平衡で配位子Aが金属イオン1個当り平均何個配位しているかの数を生成関数という。デンマークのビエルムNiels Bjerrum(1879―1958)の命名による。

[戸田源治郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生成関数の言及

【母関数】より

…生成関数ともいう。べき級数と数列{an}は1対1に対応する。…

※「生成関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android