生死の苦海(読み)ショウジノクガイ

  • しょうじ
  • しょうじのくかい
  • しょうじのくがい〔シヤウジ〕
  • の 苦海(くがい)
  • 生死

大辞林 第三版の解説

衆生しゆじようが三界に生死流転るてんすることを海にたとえた語。生死の海。 ついには-を渡つて菩提の岸に到るものなり/妻鏡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※三帖和讚(1248‐60頃)高僧「生死の苦海ほとりなし、ひさしくしづめるわれらをば、彌陀弘誓(みだぐぜい)のふねのみぞ、のせてかならずわたしける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android