コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生死の苦海 ショウジノクガイ

デジタル大辞泉の解説

しょうじ‐の‐くがい〔シヤウジ‐〕【生死の苦海】

輪廻転生(りんねてんしょう)の限りない苦しみを、海にたとえていう語。欲界色界無色界三界(さんがい)をさす。生死の海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじのくかい【生死の苦海】

衆生しゆじようが三界に生死流転るてんすることを海にたとえた語。生死の海。 「ついには-を渡つて菩提の岸に到るものなり/妻鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生死の苦海の関連キーワード弘誓の船輪廻転生出離生死得度生死