コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生殖羽 せいしょくう

大辞林 第三版の解説

せいしょくう【生殖羽】

雄の鳥に、繁殖期だけに現れる美しい羽毛。繁殖羽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生殖羽
せいしょくう

繁殖期の鳥がもつ美しい羽毛をいう。一般に雄がもち、それを雌の前で際だたせる。羽色だけが美しくなる場合と、特殊な美しい飾り羽が発達してくる場合とがある。羽色の変化には、換羽によるものと、羽毛の先端が擦り切れて下の羽色が出てくるものとがある。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生殖羽の関連キーワードテンニンチョウ(天人鳥)ホウオウジャク(鳳凰雀)コウヨウジャク(紅葉雀)キンランチョウ(金蘭鳥)コウヨウチョウ(紅葉鳥)シコンチョウ(紫紺鳥)ベニスズメ(紅雀)オオキンランチョウヘラサギ(篦鷺)タイヨウチョウカイツブリツルクイナウミスズメレンカクオシドリダイゼン非生殖羽ヘラサギカワウコサギ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android