コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生毛体 せいもうたいblepharoplast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生毛体
せいもうたい
blepharoplast

毛基体ともいう。トリパノゾーマその他の寄生性の鞭毛虫藻類遊走子や上皮鞭毛細胞などの鞭毛の基部にみられる球形ないし短桿状の小体。鞭毛はこの小粒からつくりだされるとも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいもう‐たい【生毛体】

繊毛・鞭毛(べんもう)の基部にある球形または短い棒状の小体。毛基体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいもうたい【生毛体】

鞭毛べんもうや繊毛の基部にある構造体。真核生物では九組の小管が円筒状に配列している。毛基体。基底小体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生毛体の関連キーワード池野 成一郎真核生物構造体基底繊毛

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android