入手(読み)ニュウシュ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しゅ〔ニフ‐〕【入手】

[名](スル)手にはいること。また、手に入れること。自分のものにすること。「新しい資料を入手する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしゅ【入手】

( 名 ) スル
手に入れること。自分のものとすること。 「極秘情報を-する」 「 -経路」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の入手の言及

【舞楽】より

…なお,舞楽の登・退場楽には拍節的なものもあるが,その多くは非拍節的であり,それらの多くは退吹(おめりぶき)という管楽器奏者相互間の特殊な合奏法によって進められていく。
[舞の所作]
 まず舞台に登ったとき,降りるときの所作〈出手(ずるて)〉〈入手(いるて)〉がある。舞人は観客(奉納舞楽の場合は拝殿)から見て,左舞は左,右舞は右の楽屋から登台し,舞の所作も左右対称的に行う。…

※「入手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入手の関連情報