コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物兵器 せいぶつへいきbiological weapon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物兵器
せいぶつへいき
biological weapon

細菌兵器とも呼ばれる微生物,生物学的毒素,植物の生長調整剤などを利用して,戦争あるいは謀略工作において人畜,植物の加害殺傷に使用される兵器。いわゆるABC兵器のB兵器にあたる。爆弾,砲弾などに充填してまき散らされるほか,飲食物混入などの方法がある。これらの使用は,大量殺戮の可能性をもつので,非人道的なものとして 1925年のジュネーブ・ガス議定書で禁じられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいぶつ‐へいき【生物兵器】

人間・動物・植物に有害な細菌・ウイルスなどを使用して作られる兵器。1925年のジュネーブ議定書で禁止されている。細菌兵器
[補説]厚生労働省は、生物兵器テロに使われる可能性が高いものとして、炭疽菌痘瘡(とうそう)天然痘)ウイルス、ペスト菌ボツリヌス菌を挙げている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

生物兵器【せいぶつへいき】

細菌,ウイルス,リケッチア,生体組織毒素などの生物剤により人間,動植物を殺したり病気にかからせる兵器。微生物学,遺伝学,生化学などの進歩が細菌兵器をさらに広範化した。
→関連項目化学兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつへいき【生物兵器 biological weapon】

人体や有用動植物に対して感染・増殖して病原性を示す微生物を戦争手段に適用した兵器をいい,生物兵器を使用する戦闘を生物戦という。しかし,ボツリヌス毒素など菌が産生した後の毒素は毒素兵器toxin weaponとよばれ区別されている。第1次大戦まではウイルス学が確立していなかったことなどのため,1925年に調印された化学兵器ないし毒ガスの禁止を目的とするジュネーブ議定書では細菌学的戦争方法という用語を使用し,このため,今でも生物兵器全体を細菌兵器bacteriological weaponとよぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいぶつへいき【生物兵器】

病原性を示す微生物を敵地に散布することにより、人畜・植物を加害殺傷しようとする兵器。生物学兵器。 B 兵器。細菌兵器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物兵器
せいぶつへいき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生物兵器の関連情報