コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産請負制 セイサンウケオイセイ

デジタル大辞泉の解説

せいさんうけおい‐せい〔セイサンうけおひ‐〕【生産請負制】

農家が政府請負契約を結び、収穫の余剰分を自由に売却できる制度。中国で、人民公社による集団所有体制に代わって、1970年代末頃から導入された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生産請負制

農家が政府から一定の農業収穫量や耕作面積を請け負い、その余剰の収穫については自由に売却などができる制度。1970年代末の中国で、トウ小平氏が唱えた農業改革の一つ。中国でも当時、急進的な社会主義化に伴う農村での集団労働で、農民の労働意欲が低下し、収穫量の落ち込みが深刻になっていた。

(2012-08-02 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

生産請負制の関連キーワード農業生産責任制[中国]中国の改革・開放改革・開放改革と開放農家

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生産請負制の関連情報