生産請負制(読み)セイサンウケオイセイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生産請負制

農家が政府から一定の農業収穫量や耕作面積を請け負い、その余剰の収穫については自由に売却などができる制度。1970年代末の中国で、トウ小平氏が唱えた農業改革の一つ。中国でも当時、急進的な社会主義化に伴う農村での集団労働で、農民の労働意欲が低下し、収穫量の落ち込みが深刻になっていた。

(2012-08-02 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android