生田 勉(読み)イクタ ツトム

20世紀日本人名事典の解説

生田 勉
イクタ ツトム

昭和期の建築家,評論家 東京大学名誉教授。



生年
明治45(1912)年2月20日

没年
昭和55(1980)年8月4日

出生地
北海道小樽市

学歴〔年〕
東京帝国大学工学部建築学科〔昭和14年〕卒

経歴
昭和14年逓信省中央航空研究所に入り、19年一高教授から東大教授。47年定年退官し、名誉教授。米国の文明批評家ルイス・マンフォードの訳業と紹介に打ち込み、鋭い建築評論に従事。31年宮嶋春樹と共同の「栗の木のある家」がデビュー作。著書に「栗の木のある家」、訳書にマンフォード「都市の文化」「現代文明を考える」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生田 勉の関連情報