生石高原県立自然公園(読み)おいしこうげんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生石高原県立自然公園
おいしこうげんけんりつしぜんこうえん

和歌山県北部,長峰山脈の主峰生石ヶ峰を中心とする付近一帯の山地と,有田川中流の人造湖二川ダムから成る自然公園。面積 12.91km2。 1955年指定。生石ヶ峰の山頂は隆起準平原面を残す平坦な草原で,眺望にすぐれる。公園内には次の滝,生石神社など多くの景勝地,古社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の生石高原県立自然公園の言及

【生石高原】より

…山腹に国民宿舎があり,近年別荘地開発も行われている。生石高原県立自然公園に指定されている。【水田 義一】。…

※「生石高原県立自然公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android